読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊活からだ想い生活

先の見えないため息だらけの妊活だけど、考え方ひとつで楽になれる!不妊症であることも忘れさせる美容と健康法、オススメの妊活アイテムや妊活レシピをシェアしていきます♪

妊活女子 黄体期におすすめ食材

こんにちわ。

二人目妊活3年目のte-ramです。

先週いつもより2.3日遅めに排卵日がきました。

いつもの月経周期から生理開始から約2週間で排卵するので、その4日前くらいからチャンスを狙う!

しかし、今回遅れたので「ついに、卵子の質の低下か…(ノД`)・゜・。」なんて心配しましたが、ちゃんと高温期に入りました(#^^#)

ここ2.3か月、リセットされるたびに「来月まで頑張ろう!」と思ってズルズルズルズル…。

今回は授かっていてほしい(◞‸◟)切実~。

そのために大切なのがやっぱり食事ですね。

排卵後の黄体期(高温期)は黄体ホルモンよって、基礎体温が卵胞期(低温期)より0.3~0.4℃高くなります。

着床するためにはこの体温を維持することが重要です。

私は月によっては高温期が短かったり、体温がバラバラだったときもあります。

これは冷えやストレスにより、ホルモンバランスの乱れと考えられます。

心当たりあり…(*_*)

黄体期で重要なのは、とにかく体を温める『陽気』を補うことです!

胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けるようにしましょう!

 

おすすめ食材

薬方食材

  • なつめ…血と気を補う滋養強壮食品
  • 陳皮(みかんの皮)…入浴剤として用いると体を温め、発汗を施します
  • 松の実…精力のつく食材

薬味&スパイス

f:id:te-ram:20170306182756j:plain

  • しょうが…体を温め、慢性的な冷えも解消
  • シナモン…冷えを取り、五臓(肝・心・脾・肺・腎)を活性化
  • ナツメグ…脾と胃を温め、発汗を促す
  • 八角…腎を補い血行障害の治療にも用いられている
  • クローブ…胃の働きを活発に
  • とうがらし…発汗を促し、肥満を防ぐ

野菜&きのこ

  • よもぎ…女性特有の不快な症状を和らげる
  • ねぎ…発汗作用で悪い気をだす
  • らっきょう…体を温めて発汗を促す

肉&魚介

  • 鶏肉…脾と胃の働きを助けます

  • サバ…血をきれいにし、脳を活性化

  • うなぎ…気と血を養う

  • えび…腎の働きを高め血行を促す

その他

妊活では「腎」を補うことも重要です。

そこで私がおすすめするのが黒い食材!!!

黒はパワーの源となる腎の色で、体内の水の流れと生殖器に働きかけます。

黒の色素は、アントシアニンというポリフェノールの一種で老化を抑制すると言われています。

良質のたんぱく質 黒豆

f:id:te-ram:20170306182828j:plain

抗酸化作用と毛細血管を強くする力を持っています。

大豆は、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含みますが、普通の大豆よりも黒豆のほうがより効果が高くなります。

炒って『黒豆茶』として簡単にいただけます。

お茶で体内の水の流れを正常にし、吹き出物などの緩和に効果的!

老化を防止する成分が豊富な黒米

f:id:te-ram:20170306182836j:plain

ビタミンEを多く含有し老化を防ぐ働きがある成分です。

胃腸を丈夫にし体力や気力の低下を改善したり血行を良くする効果もあると言われています。

白米や玄米に混ぜて炊くだけ!

3合のお米に大さじ2杯くらいで十分です。

 

今夜の我が家のごはんは、

f:id:te-ram:20170306183656j:plain

最近主人がハマっている『スパイスカレー』です。

シナモン、しょうが、八角ターメリック、クミン、香菜を使った愛情カレー♡

体も心も温まります( *´艸`)